2011年11月10日木曜日

【iPhone4S関連】iPhoneのバッテリー対策(外部バッテリーについて)


色々設定見なおしたけど、それでもバッテリーが足りない!
という人向けの商品を紹介します。

僕も先日買いました。
Panasonicのチャージパッド。
結構値段張りますが、5400mAhという容量は
大体iPhoneを2回満タンにできるくらいの容量なんだそうです。

商品サイトはこちら

USBが二口付いていて、同時に2台充電も可能です。

こいつのライバルとしてはエネループですかね。
あっちのが高いですけど。

このチャージパッドの良い所?というか
いいなと思うのが、無接点式充電に対応しているという点。

僕はまだこの環境が実現しておりませんが
この、台の上に置いておくだけで充電がはじまるという画期的なバッテリーです!
めんどくさがりの僕には神器に見えます。

イメージ写真はこちら↓


電池が4000円、充電パッドが3500円くらいです。
もちろん充電パッドはあくまでオプションで、電池単体で使用できますのでご安心を。

気になったらサイトか家電量販店の売り場チェックしてみてくださいね~。

【iPhone4S関連】iPhoneのバッテリー節約について2

iPhone4Sのバッテリーに不安がある人は多いと思います。
そこで各種設定の見直しをしていきましょう。

iOSが新しくなって?
色んなアプリが位置情報対応になり便利になった反面、
各アプリがせっせこバックグラウンドで位置情報を送っていて
それがかなりバッテリーを食うというウワサです。
すべてのアプリで常に位置情報が必要な訳ではないので
今回はそれを見直しましょうという内容です。

設定>位置情報サービス

を開いて下さい。インストールしているアプリで
位置情報を使うアプリの一覧が表示されます。
ここが『オン』だらけの人、バッテリーの減りが速くないですか?
思い切って色々オフにしてみましょう。
使うときだけオンにするという方法もあります。




お次は通知についてです。

設定>通知

これもリアルタイムで通知が必要ないものはどんどんオフっていきましょう。



如何でしょう?
ちょっとバッテリーのもちが良くなった気がしませんか?

ちなみに近々iOS5のアップデートで
バッテリー消費に関する部分が改善されるかも?
という事です。
待ち遠しいですね。

2011年11月9日水曜日

【iPhone4S関連】iPhoneのバッテリー節約について

これは、たまーに知らない人が居るのでアップしてみます。

iPhoneはメールやtwitterなど、アプリを起動して操作する訳ですが
アプリ起動中にホームボタンを押すと、見た目上はアプリが終了したように見えますよね?

でもホームボタンを押しただけだと
実はバックグラウンドでアプリは動いていて
改めて終了させないと、稼働時間にも影響する(=バッテリーを喰う)らしいというので
これはこまめにやった方が良い作業だと思っています。

アプリ起動中でもそうでなくても良いです。
まずホームボタンをダブルクリック?して下さい。
(あまり間隔を空けずに二度押しして下さい)
すると下からニュッとアプリが出てきます。


これがバックグラウンドで動いているアプリ達です。
たまーにiPhone初心者の人のこの部分を見ると
恐ろしい状況になっております。

この状態で任意のアプリを長押しすると


この画面になりますね。
削除ボタンと一緒なので不安な人もいるかもですが大丈夫です。
この「-」を押して、すぐに使わないアプリはどんどん終了させましょう。

この状態でない、普通の状態だとアプリアイコン長押しで「×」
が出るのでそれで区別できます。

しかしなぜ一括終了機能を付けてくれないのかアップルさん・・・